わたしたちの生活に欠かせない医療、その現場で働く人を確保するための取り組みについて調べてみましょう。

医師のためのバイト情報〜医療求人について〜

医師不足解消に向けて

医師のためのバイト情報〜医療求人について〜
なかなか仕事が見つからないという声が聞かれる一方、慢性的に人手不足に悩まされている業界もあります。
とくに、医療に従事する人の不足は、全国的に顕著なようです。
そのような現状を反映した医療求人が、膨大な量に上っています。
医師不足を解消するために、どのような具体的な取り組みがなされているのでしょうか。
この問題に関しては、医師不足に悩まされている当事者、つまり病院単位や、地方自治体といった単位での積極的な医師獲得に向けた取り組みがなされています。
例えば、ある県では、将来を見据えての対策が取られています。
ここで少しご紹介しましょう。
ある大学では、地域枠という枠を医学部に設置しています。
さらには、奨学金を提供しています。
実際にその大学を卒業した後、県が指定する医療機関に一定期間勤務することがその条件になっています。
そうすることで、県内の大学を卒業した医者の卵が、首都圏等に流出することを防ごうという狙いでしょう。
しかし、病院間や自治体同士で医師の取り合いをしていても、国としての医師不足解消には全くつながりません。
ですから、他の角度からも対策を施していく必要があるでしょう。
とりわけ、最近注目されているのが、離職者を復職させようという取り組みです。
とくに、看護師について言えば、結婚や出産を機に現場を離れた離職者が多数います。
そのような有資格者が再び病院で勤務できるように、アルバイトでの働き方、パート等の、柔軟な雇用システムを採用している病院が増えています。