避けては通れないのが就職活動、医学生であっても事情は同じです。その点に迫ってみましょう。

医師のためのバイト情報〜医療求人について〜

就職活動は万人共通

医師のためのバイト情報〜医療求人について〜
多少唐突ではありますが、医学生に対するわたしたちの持つイメージはどのようなものでしょうか。
医者になるために一生懸命勉強しているというイメージ、さらには、普通の学部と違って、6年間通うことになるので、長いというイメージかもしれません。
とにかく、なんとなく漠然とした形ではあるものの、勉強以外には時間が残らないというイメージかもしれません。
しかし、そんな医学生でも、やはり5年生くらいになると、就職活動をしなければなりません。
他の学部の学生たちが、求人に目を光らせているのと同様、医学生たちも医療求人に通じていなければ、勤め先を見つけることはできないのです。
では、具体的にはどのように就職先、つまりは病院を見つけることができるのでしょうか。
大抵の医学部の学生は、5年生、遅くとも6年生になる段階で、一般の学生の就職活動にあたる行動をとることになります。
彼らの場合はまず、研修病院の候補を絞らなければなりません。
当然ながら、病院側が医師を必要としていることが条件なので、そのような医療求人を見つけ出すために、登録制のマッチングシステムが多いに活躍しています。
病院によっては、見学会を開催しており、実際に将来働くことになるかもしれない病院がどのようなところかを体験することが可能になります。
しかし、人気のある医療機関では、見学希望者が多く、十分前もって予約を取らなければならないところも多く、さらには、在学証明書や推薦状が必要になる場合もあるようです。
医学生だからといって、就職活動と無縁ではないようですね。

PR情報