専門性の高い職に就くためには、それまでの長い道のりを通過する必要があり、医者も同じです。

医師のためのバイト情報〜医療求人について〜

医者になるための長い道のり

医師のためのバイト情報〜医療求人について〜
わたしたちが行なう就職活動、転職活動を考えるときに、それが容易なことではないことは簡単に想像がつくに違いありません。
最近では、新卒での採用状況も依然厳しく、他の人と異なった、いや言うならば秀でた能力を持っていないと、なかなか内定に漕ぎ付けることが難しいかもしれません。
さらに、専門性の高い職業の場合は、就職に至るまでの道のりも通常より長くなります。
医療求人に関しては特にそう言えます。
6年間大学に通うだけでも、医学生の方には頭が下がりますが、彼らの場合は、国家試験に合格すれば、卒業と同時に医師として活躍できるというわけではないようです。
彼らは、初期研修、後期研修を受ける必要があります。
では、医者になるために受ける必要のある、初期研修、後期研修とは一体何のことでしょうか。
端的に言えば、研修医と一般に呼ばれる人たちが受ける研修のことです。
法律上、研修医という立場は存在しませんが、一人前の医者になるためには研修期間を経験することが必要不可欠です。
その、医師が受ける臨床研修が、病院によって独自の名称で、通常は初期、後期、または前期と後期といった具合に分けられています。
通常、ある医師が研修医と呼ばれている場合、2年ほどを要する初期研修を受けている段階ということになります。
この臨床研修制度は、2004年に新しく更新されたばかりです。
その新基準によれば、研修医が研修に集中できるよう、アルバイト等をしなくても生活していけるだけの報酬を受けることができるように定められています。